IWT OMAEZAKI JAPAN CUPに海外のTOPライダーが持参していたgear check !

アントワンのJPプロト
イメージ 1
イメージ 2

RRDやQUATROのpyramidのよく似たoutline&fishtail
85リッターのクアッドでした


右もプロトですがかなり使い込んでいました
イメージ 3


お次はLevi様のQube Proto
表示は86ですが92だったかな?
イメージ 4
後ろ足ストラップからテイルまでがproductionよりも長くて超薄い、、、
本人曰くカスタムはプロダクションのtestだと
ってことはこれが2020?
驚くべきはfin box
サイドもメインもハの字になってました
productionは真っすぐだもんね、、、この辺が違うよね
フィンはMFCのカスタムでG10なんだけど先端はかなり柔らかかったです
あっアントワンも同じoutlineのフィンでした



そしてMorganのNPプロト
イメージ 5
以前紹介しましたが
なんと第2バテンがハーフで第3バテンはフルバテンだったことが判明
そう、、、TAKAの逆バテンセッティングでした
つまりstabilizerバテンを長くして第1~3バテン間にもってきたんだね~~
本人曰くSo good!だと
これはこのままプロダクション化されるのかな?
ちょっと無理っぽいような?でもデュアルバテンなら可能性あるな?COMBAT

ちなみにボードはプロダクションでした、Morgan


こういったプロトが見られるのも国際大会ならでは
これもイイもん見せていただきました~
Thank you!