IWTで来日していたPWAのhead judgeのDuncanが言ってました~
「first turn」と「connected」
前回はfirst turnについて書きましたので
今回は「connected」について

簡単に言うと、、、繋ぎ

そのまんまや~

つまりぃ
off the ripから次のtop actionに繋げるためのテクニック
評価が高いのが意外にもbackside riding
イメージ 1
イメージ 2

まぁ IWTのトッププロがやるとbacksideもハンパないレベルですけど、ね
流れを止めないおとが大事だそうで
down-the-lineでも次のピークを狙う動きがjudgeに見えるように、分かるように動くことが大事だそうです

先週やってみた
イメージ 3
上の写真と比べちゃ~ダメダメ

ポジション
レイダウン
まったくもって話しにならないレベルですが
トライしないとそれすらわからないまま
トライすれば何かが変わるよね~
バックサイドのカットバックを意識し過ぎたかな?

Morganみたいにブレイキングパートでカットバックして
そのままregular breakへフロントライドするほうが良さげです

でも
これ毎回やってるとヘトヘトになりそう、、、休む間がないじゃん
曳いて
first turnからの
connected
そんでもって
second~third turn
と繋げていくのね~~~ハードだぁ

freeから意識して練習しよ~

皆さんもフロントにこだわりすぎないでバックサイドも練習したほうがいいよ
幅広がるし
なにより裏風トリムが新鮮です
フリスタだと当たり前なんだけどWAVEだとbackside以外は3Dムーブになるからね

ということで
WAVE職人がワールドクラスのjudgeから学んだことをUPしました~~


まだまだコツコツとキープ精進ロードがどこまでも続きます!