SEE YOU ON THE OCEAN

windsurfingの「WAVE職人」こと「たんたん」が徒然に書いていきます

カテゴリ: 天気




やはり
今年は梅雨らしい梅雨ですね

梅雨入り直後は強めの雨が多かったけど
今週になると
ぐずつき&ポツポツ雨

今日も
朝は強いけど午後から上がったり


★-55920823




今週も天気図とにらめっこになりそう


ん?
下着姿のキレイなお姉さん
との
にらめっこは大歓迎やぁぁぁぁぁぁ~~~





続きを読む




梅雨真っ只中

風吹かね~とか思てる?



実は
前線の位置
前線上の低気圧の速度と発達具合
高気圧の位置

しっかりと読めば
意外に乗れることが多い季節でもあります


★-379426







キレイなお姉さんが申しておりますよ

続きを読む



自粛期間中
よ~吹いてたのに


自粛が終わると
風も終わりぃぃ~~泣


★-60744551



このまま梅雨入りかぁ


人生
なかなか思うようにはいかないなぁ



誰?
もんであげよぉぉ~~
とか
思ってる人は、笑笑




続きを読む

今回は番外編として実際の地形を当てはめて解説

お江戸近辺の北系の風について
その他お地域のみなさん、ごめんね~~~
これを参考にして考えてみてください


★-無題



お江戸=関東平野=の特徴
西側に比較的高い山(秩父~大山~箱根~伊豆)がそびえている
衛星写真でバッチり分かりますよね
北東風は比較的高低差の少ない関東平野東部を抜け東京湾へ
高低差が少ないほど風速低下が防げる
北側では東側の山に沿ってやや北に向きを変える
ここで風が収束されるので風速が上がる
プラス東京湾も北東から南西に向いて開いていて三浦半島辺りで幅が狭くなる
そうここでも収束効果がプラス
つまり二つの収束効果で東京湾の北東は良く吹く、ということになります

北風の場合は東側の山に沿って吹くので風速の衰えが比較的少ないと思われます
東京湾に出ても南に抜け道がないので風速のUPは少ないと思います

北系の場合
これらの地形的要因に加え陸風(逆サーマル)がプラスされるので
明け方~朝が一番風が強く吹くと結論づけられます


では同じ北東でも99が東京湾ほど強くないのは?
おそらくですが99自体が湾曲している
また銚子と夷隅付近の地形的でっぱりのため
海岸線に沿って吹き抜ける距離が短く吹き抜けられないのではないかと思います
また99には収束効果が起こる地形がないことも一因かな?
(夷隅の山は距離が短く収束効果が発生しない)


これに各地の灯台やアメダスの数値をマッチングさせればほぼ完ぺき
おいらはアクア8メートルならキャバクラ5.3/林檎でOK
犬吠10メートル&勝浦灯台が犬吠と同じ風向きなら5.3/林檎
という感じです



これらの知識の多くはこの本から

★-IMG_4542


94年なので四半世紀前、、、歳がわかるやんけ!

風だけでなく波についての考察
日本の四季についての考察
もあって
今でも予想の時は何度となく目を通しています

最後が気象台のテレホンサービス一覧
ってのが時代を感じさせますが
インターネット時代に合うように一部改編して再販してほしいものです



では
また機会があれば暇つぶし講座やりたいと思います
6回にわたってのお付き合いありがとうございました~~

少し時間が空きましたが5回目です

今回はこれからの季節に多いサーマル(海陸風)について

★-55454337




windsurferならその仕組みについてはご存知だと思います
海水と陸が太陽光によって温められるスピードの違いで生じる風
そして
日中に海から陸に向けて吹く風を海風
夜間に陸から海に向けて吹く風を陸風
と言います

どちらも気温差なので吹く時間が限られているのが特徴です

そして
この吹き方にも特徴があります

★-IMG_20200504_0001




これはスペインにおける海風の吹き方をグラフにしたものです
北半球ですから日本にもそのまま当てはまります

特徴
時計回りに上がっていって落ちていく
ピークは1400
風が安定しているのはその前後1時間
風向きは南南西
吹き始めは南が強く西に振れると落ちてくる

風向きは前回のように地形に大きく影響されるので
この特徴は基本~傾向~として覚えておいて
自分が良く通うゲレンデに当てはめてみましょう

経験上ですが
この海風は1年中吹いていて
季節風や低気圧の通過など天気図の影響を受けにくい夏に顕著に現れます
冬場の遠州でも朝は風が弱めでサイドオフ
日が昇ってくると風が強くなりサイド~サイドオンに
夕方少し落ちてまたサイドオフ~ボーナスタイム~に
なるのは海風の影響です
なので
冬型がガッツリ決まって気温も上がらず千切れ雲多数なんて時は
予報ほど強くなかったり
逆に冬型が緩んだ時に爆風になったりすんですよね~

と書くと納得でしょ


以上
ここまで5回にわたっておいらが予想に使っている知識をUPしました

ネットがない時代は1853のNHK(気象情報)にかぶりき
必死になって天気図凝視してました
そして当日は新聞の天気図をスクラップ
行ったゲレンデでの風向き・強さを書き込む
なんてことをして傾向をよんでいました

もちろんネットの予想サイトをアテにするのもいいですが
時間に余裕がある今
天気図を見てホームゲレンデでの風向&風速の予想を立てて
MICSやアメダスで答え合わせするといい勉強になりますよ


基本編はこれにて完結です
ここまでの拝読ありがとうございました


次回は番外編として
SNSで質問があったゲレンデについておいらなりに解説します








★-37604059




風という奴はとっても予想が難しい

なぜかというと
気圧配置だけでなく地形の影響も大きく受けるから
そう
ビル風なんかがいい例ですよね
逆向きに回り込んで来たり、なんてザラですよね~


それはさておき
地形~ここでは海岸線~による影響について説明します

上に書いたとおり地形の影響は非常に複雑なので
ここでは一定の法則的なものにとどめておきます



まずは岬

★-IMG_20200429_0001 - コピー - コピー




おいらの中でこれがドンピシャあてはまるのは襟裳岬かな?
風下のブランケについては言わずもがなですね~



お次は海岸線

★-IMG_20200429_0001


この海岸線と言うのは吹き出しがオンショアやオフショアであっても
海岸線が長ければ風下に行くほど海岸線に平行に吹く傾向があります
さらにイラストのように風速が増大する傾向が加わる
ということになります



さらに海峡

★-IMG_20200429_0001 - コピー

これは林崎だろぉぉぉおおおおお
一部のWAVERしかわかんないと思うけど、笑



この3つの要素って伊勢湾~遠州灘にドンピシャあてはまるの、わかります?
気圧配置+地形の両方で遠州は強い風が吹きやすいんですね~

つまり
ロングビーチの風が強い理由は岬+海岸線
温泉前とかが冬型でサイドになるのは海岸線
なのでセイルがワンサイズ違う的なことが多いのではないかと?思っております


みなさんのゲレンデにどのような地形的な特徴があり
風にどのような影響を与えているかを考えるとより安全に
より正しいギアチョイスが可能になると思います




5回目はこれからの季節にも多いサーマル(海風)について説明します

ここまでいかがですか?

これだけでもかなり理解が進んだと思いますよ
まぁ
ほとんど小学校の理科の世界ですけど・・・笑

7603463





3回目は高気圧と低気圧がおこす風向きについて簡単に説明します


北半球では高気圧は中心から時計回りに風が吹き出します

★-kiatsu9




低気圧はその逆で反時計回りに風が中心に向けて吸い込まれていきます

★-kiatsu10




ここではウインドの予想に役立つ知識だけをpickupしてるので
上昇気流とか下降気流はスルーします


ここで問題になるのは
その吹き出し方なんですよね~~

★-IMG_20200426_0001




素人考えでは風は等圧線に対して90度で吹くと思われがちですが
実は
等圧線に対して陸上で35度くらい
海上では15~20℃くらいの角度で吹きだすんです、、、

そう!
ここで西高東低の気圧配置の時
遠州のからっ風が西北西や西になる理由が分かったあなた
天気図読めてますよぉぉぉ~


そして
ここで遠州マジックの種明かしを
マジックの天気図です、笑

★-IMG_20200426_0002


実際のマジックだと
ここまで等圧線が立込むいことはないんですが
高気圧が東~南東方向に張り出してくると
その張り出しの軸、、、等圧線が押し出され頂点と中心を結ぶ線
よりも北側では上記の角度よりも大きな角度で風が吹く傾向が強いです
なので等圧線が遠州に1本でもかかっていれば思いの外強い風が吹く
という訳なんです、私見ですが!

まぁ実際には
これに加えてサーマル(海風)が影響してくるのですが
ここでは高気圧の位置と張り出し方向が風向きに与える影響だけ覚えておいてください




お次はこの時期特有の寒冷前線のケース


★-IMG_20200426_0002 - コピー



この場合は寒冷前線の南側では等圧線と平行に近く
北側では等圧線との角度が大きくなる傾向があります

なので寒冷前線を伴う低気圧が関東に接近する場合
そのコースによって風向きが西っぽくなったり南っぽくなったりするんですよね
しかも寒冷前線が通過すると風向きが大きく変わる=ウインドにはヤバい=っとことを
理解して頂けると思います


あっ
当たり前ですが
等圧線の間隔が広ければ風は相対的に弱く
狭ければ相対的に強く吹きます、、、これは変わりますよね



いかがですか?
ここまで理解できていればwindsurferとして天気図を読めるレベルと言っても大丈夫です

あとは
自分でしっかりと天気図を見比べて(直近と24・48時間後)
高気圧や低気圧の動く方向とそのスピード(位置の変化)を見て
自分で風向きと強さを予想してみてくださいね~~


4回目は
風が地形から受ける影響について説明します

みんな興味がないのかな?天気

んなこたぁ~~~ねぇと思うけど
どうせ暇なんだから読んどくれぇぇ
きっとなんかいいことあるよ、この先、ホントか?


では2回目ですが
今回は簡単に、、、

★-large



前回
天気は西から東へ変わっていく
ことを書きましたが
ここにコースとスピードが絡んできます

上の天気図に矢印を二つ書き込みました

まずは黒い矢印
これは高気圧が発達しながら進む場合の進路です
天気図の左上から右下に向かって進む時に高気圧は発達する傾向が強くなります
黄色の矢印は低気圧
高気圧とは逆に左下から右上に進むときに発達します

そして
その移動するスピードが速ければ早いほど発達の度合いが大きくなります


ここまでで
大まかな風の吹き方が分かります
直近の天気図と24時間後・48時間後の天気を見比べて
高気圧と低気圧
その進路とスピード(位置の進み具合で分かります)とヘクトパスカル
それぞれの違いを確認すればOK

これに予報サイトの予想を重ねれば確度が大きくUPします
サイトが強風予想でも天気図がそうなっていない場合なんかは
確度は落ちると考えて間違いないし
一致してれば確度は高いです
これがおいらの予想のベースとなっています、教えたくないけど


うそだぁ~と思う?
そういうあなたは今から天気図見て予想してみてね!笑笑



3回目は
高気圧と低気圧がおこす風向きについて
です


このブログの有名コーナーのひとつが「週末予想」


今はネットの発達や予想サイトがあるので自分で予想しなくてもいい時代ですが
細かい部分はやはり知識と経験がモノを言いますよねぇ~


そこでこのコロナ騒動で自粛している間に
おいらの気象知識を分かり易く解説してみようと思います


1回目は地球規模での風の動きです

★-taikinokouzou1



日本は偏西風帯に位置してることは知ってますよね

つまり高気圧と低気圧はこの偏西風に乗って日本にやってくる
ってことは
必ず西から東へ動くんですよ、日本ではね!

そして
東に動く過程で発達したりしなかったり
あっ
発達とは気圧の変化が大きくなる、ということです
高気圧が発達するとヘクトパスカル=天気図に書いてる数字=が大きくなる
逆に低気圧が発達するとヘクトパスカルは小さくなる


はいっ
今日はこの二つを覚えておいてください!



2回目は高気圧と低気圧が発達するpatternについて説明しま~~~っす




緊急事態宣言が出るとか出ないとか


一喜一憂してもねぇ



でも

明日は明日の風が吹く




★-29821822



こんな4月ってのもある意味オツなものかも?



キレイなお姉さん

言ってるかも?

続きを読む

このページのトップヘ